テクノロジー
フィロソフィー

リプレックスがこだわる3つの技術思想

(1)見えない化

私たちリプレックスが、独自技術としてこだわり続けるのは、「いかにリプレックスが利用者情報に触れないシステムをつくるか」、つまり徹底した「見えない化」です。この状態でかつ、新しいユーザ体験を提供し、かつ様々なWebサービス運営者の役立つプラットフォームを作ることが目標です。しかし、「見えない化」と「良質なサービス」は、ほとんどの場合相反する要求です。私たちリプレックスは「見えない化」と「良質なサービスの提供」の両立という課題にチャレンジを続けます。

(2)プラットフォーム化

私たちは、多くのインターネット企業とは異なり、様々な自社サービスを展開して利用者を囲い込むことを目指しません。逆に、リプレックスは黒子に徹し、SecuTectと連携する他社サービス同士の相互作用によって、各サービスが利用者にとってより便利に楽しいものになる、そんなプラットフォーム作りに全精力を傾けます。

(3)モジュール化

リプレックスの提供するSecuTectは、モジュール化した様々なサービスがAPI群を通じて結合する構造になっています。これがSecuTectの持つ拡張性や柔軟性の源泉になっています。モジュール化されたプラットフォーム/APIを設計・実装してゆくことは、同じ機能を持つ単一のサービスを実現するのにくらべてはるかに困難ですが、これを可能にすべく、リプレックスは技術を磨き続けます。