• イントロダクション
  • コンセプト
  • メカニズム
SecuTect
メリット

インターネットサービスの連携に立ちはだかる障壁

インターネットサービス事業者にとって、ユーザの個人情報や、ユーザ同士の交友情報であるソーシャルグラフは、重要な資産です。このため、これらの情報が他のインターネットサービス事業者に提供されることはありません。これが、インターネットサービス同士の連携を阻んできた最大の理由です。

ユーザと事業者の両方に利益をもたらす「SecuTect」

個人情報プラットフォームシステム「SecuTect」は、複数のインターネットサービスが連携する際、その橋渡しの役割を担います。

この際、各インターネットサービス事業者は、利用者の個人情報や交友情報を、他のインターネットサービス事業者に提供する必要がありません。また、「SecuTect」を運営するリプレックスも、利用者の個人情報や交友情報に一切触ることができません。

ユーザには安全性や複数のインターネットサービス連携による利便性を、またインターネットサービス事業者には他サービスとの連携による付加価値の向上をもたらす。それが「SecuTect」の特徴です。